親知らずの抜歯4つのケース。抜かないといけないのはこんな時

親知らずって、どうしても抜かないといけないもの…?

治療器具を持って迫ってくる歯科医と助手の写真親知らずがあることを気にしつつも、歯医者に行きたくなくて、ずっと放置しているという人は少なくありません。

親知らずの抜歯というと、歯をハンマーで砕く、麻酔が効かなくて痛かった、抜いた後が地獄…と、怖い話ばかり。

それは歯医者へ行く足も遠のくというものです。

親知らずは、必ずしも抜かなければいけないわけではなく、抜かなくても大丈夫なケースもあります。

では、親知らずを抜かなければいけないのはどんな時か?

親知らずを抜歯したほうがよいケースをまとめました。

スポンサーリンク

親知らずを抜かないといけないケース(1)
親知らずや周囲の歯が虫歯や歯周病になっている

虫歯の歯にバイキンキャラクターが乗っているクレイアートの写真おそらく、最も多いと思われるのはこのケース。

親知らずのせいで歯ブラシが届かない部分が出てしまい、親知らずや周囲の歯が虫歯になったり、歯周病を起こしている場合です。

日本人はアゴが小さいため、親知らずがまっすぐ生えず、斜めや真横になって生えてしまうことが非常に多くあります。

すると普段の歯磨きが十分にできず、かなりの確率で虫歯になります。

仮にいったんは虫歯を削ってやり過ごしたとしても、親知らずが存在する限りは、歯磨きやクリーニングにかなり気をつけていないと、またすぐ虫歯になってしまう可能性が高いでしょう。

虫歯を何年も放置すると、最終的には虫歯が神経まで達してしまい、そうなると親知らずかどうかに関係なく、抜かざるを得ません。

スポンサーリンク

親知らずを抜かないといけないケース(2)
親知らずのせいで噛み合わせ、歯並びに問題が出ている

親知らずが他の歯を圧迫したり、親知らずのせいで上下の噛み合わせがうまくできず、歯並びが悪くなってしまうケースです。

もともとは存在していなかった歯である親知らずが生えてきたせいで、歯の生えるスペースが足りなくなってしまい、周辺の歯が押し出されるようにして乱れてしまうのです。

子供の頃に歯列矯正を完了した後で親知らずが生えてしまい、せっかくきれいに直した歯並びがまた崩れてしまうという例も。

親知らずを抜かないといけないケース(3)
親知らずが原因と考えられる口臭がある

鼻をつまんでいる外国人女性の写真親知らずが斜めや横向きで生えていると、歯と歯の隙間に食べ物が詰まります。

また、親知らずが完全に生えておらず一部が埋まっている場合、親知らずの歯の部分と、覆いかぶさっている歯茎の部分にも食べかすが入り込んでしまいます。

口に残ったままの食べかすは、いずれ発酵して悪臭を放ち、口臭の原因に。

細菌が繁殖しやすいので、虫歯になったり、親知らず周辺が膿んで痛みが出ることも。

今のところ口臭がなくても、物を食べる時に奥歯や奥の歯茎によく食べ物が挟まるという人は要注意です。

親知らずを抜かないといけないケース(4)
今後妊娠を考えている女性

妊婦の写真。おなかを手で守るように触れている女性妊娠中は、基本的に薬が使用できません。

1年近い妊娠期間中に親知らずが痛み出したり、虫歯が悪化してしまっても、なかなか思うように治療ができないのです。

妊娠中は体の免疫力が落ちるため、今までは平気だった親知らずが急に痛み出したり、腫れてくるケースもあります。

現時点で親知らずに虫歯があり、近い将来妊娠を考えている女性は、早めに親知らずを抜いておくか、少なくとも虫歯の処置だけでも済ましておいたほうがいいかもしれません。