花粉症の薬「ザイザル」ってどんな薬?どこで買える?

花粉症の薬「ザイザル」を徹底チェック!

錠剤の写真。白い錠剤がたくさん置かれている花粉症の治療薬にはたくさんの種類がありますが、近年、服用者が増えているのが「ザイザル」です。

でも…名前だけでは、他の花粉症の薬と何が違うのかわかりませんね。

花粉症治療薬ザイザルについて、効果や副作用、他の薬との違いなどをわかりやすくまとめました。

スポンサーリンク

花粉症治療薬「ザイザル」とは

花粉症治療によく使われる抗ヒスタミン剤には、第一世代と第二世代があります。これは薬が開発された年代で分けているもので、第一世代=旧世代、第二世代=新世代ということ。

ザイザルは第二世代の抗ヒスタミン剤で、日本では2010年に認可された、比較的新しい薬です。ザイザルの特徴は以下のとおり。

  • 抗ヒスタミン剤の副作用である眠気や口の渇きが起こりにくい
  • 服用後、効果が現れるのが早く即効性がある
  • 薬効が長時間持続するので、1日1回の服用でOK

第一世代の抗ヒスタミン剤は、眠気や口の渇きなどの副作用が強く表れるのが特徴です。ザイザル含む第二世代の抗ヒスタミン剤の多くは、この点を解消し、副作用が少ないように改良されています。

スポンサーリンク

第二世代ジルテックをさらに進化させたのがザイザル!

実験器具の写真。ガラスのフラスコや試験管が複数並んでいる様子ザイザルは、花粉症治療薬「ジルテック」を改良して開発された薬です。

ジルテック自体も第二世代の抗ヒスタミン剤なのですが、それをさらに改良したのがザイザル。

ザイザルは英語では「xyzal」と表記しますが、XYZはアルファベットの最後の文字列。これが最後の薬であるという製薬会社の自信が表れた名称です。

ジルテックは花粉症への効果が高い薬ですが、その分、眠気の副作用も強いのが難点でした。

ザイザルは同量で比較した場合に、ジルテックの2倍の薬効を持ちながら、眠気の副作用は半分以下に抑えた、まさに自信作。重い花粉症だけれど、眠気が出るのは困る!という人には、頼りがいのある薬です。

ザイザルはどこで買える?

ザイザルはドラッグストアでは買えません。ザイザルは処方薬なので、病院で医師の処方を受ける必要があります。花粉症の診察時に、眠気の少ない薬を希望する旨を伝えてみましょう。

なお、ザイザルの前身であるジルテックと同じ成分の薬であれば、市販薬として購入が可能です。スイッチOSTといって、もともとは処方薬だった薬が市販薬に転用されるケースがあります。ジルテックも2013年より、スイッチOTCとして市販ができるようになりました。

現在、ジルテックのスイッチOSTとして販売されているのは、「ストナリニZ」「コンタック鼻炎Z」。どちらも名前にZが付いていますね。

こちらの2つは、もとは病院の処方薬だったジルテックと同じ成分が配合されているので、花粉症への効果はお墨付き。比較的、眠気の副作用が弱いと言われる第二世代の薬ではありますが、眠気が出ないわけではありません。

市販の花粉症治療薬で唯一、眠気の副作用がない薬には「アレグラFX」がありますが、薬の効果はザイザルより弱め。

自分の花粉症レベルに合わせて、適切な薬を選ぶようにしましょう。

ひどい花粉症にお悩みのあなたへ。白井田七茶を知っていますか?

「そういえば、今年はまだ花粉症の薬を飲んでいない」「ムズムズしない!」と、ヘビーな花粉症の人にも好評の白井田七茶。

子供も安心して飲める完全無農薬&有機栽培の緑茶に、朝鮮人参以上に優れた薬効を持つという、漢方薬の田七人参をブレンドした話題のお茶です。

 

漢方配合といっても苦味や渋味はまったくなく、緑茶というより抹茶に近い、すっきりと上品な味わい。

白井田七茶を飲んでしばらくすると体がポカポカし、外に出ても「あれ、今日は鼻水が出ない…!?」と、その即効性に驚かされます。

 

毎日必ず1杯は飲むお茶やコーヒー…

どうせ飲むなら、花粉症に良いお茶に変えてみませんか?

白井田七茶は1本ずつ個包装になっていて、カップに入れてお湯を注ぐだけのお手軽さ。

飲んだ後でも返品できる返金保証が付いているので、リスクなくお試しできますよ。

白井田七。茶
花粉症対策におすすめ!白井田七茶を特別価格で試してみたい人はこちら≫