花粉症薬ザイザルの市販薬はないけれど…代わりの薬の選び方

ザイザルの市販薬はないけれど、前身のジルテックの市販薬ならあり

錠剤薬と水の入ったコップの写真花粉症への効果が高く、眠気の副作用は少ないザイザル。

市販薬でも手に入らないか?と希望する人は多いと思いますが、残念ながらザイザルの市販薬はまだありません。

日本では2010年に認可された比較的新しい薬のため、市販薬化されるにはまだ時間がかかるだろうと考えられます。

それでも、病院に行く時間がない!という人のために、ザイザルに代わる市販薬の選び方を案内します。

スポンサーリンク

ザイザルの前身、ジルテックの市販薬ならドラッグストアで買える

ザイザルは、ジルテックという薬を改良して開発されたもの。ジルテックの薬効を強化して、眠気の副作用を少なくしたものがザイザルです。

ザイザルには市販薬はありませんが、前身であるジルテックは市販薬化されており、薬局やドラッグストアで購入することができます。

商品名では「コンタック鼻炎Z」「ストナリニZ」など、Zの付いた鼻炎薬がジルテックの市販薬。スイッチOTCと呼ばれる種類の薬で、病院で処方されるジルテックと同じ成分が配合されています。

眠気の副作用はあるものの、花粉症への効果を優先するなら、これらジルテックの市販薬を利用するのがいいでしょう。

スポンサーリンク

眠気の少なさを優先するなら、アレジオンかアレグラの市販薬

気持ちよさそうに片手を伸ばして伸びをしている女性の写真眠気の少なさを優先したい場合は、市販薬のアレジオン10かアレグラFXがおすすめです。

アレジオンもアレグラも、もとは病院の処方薬だったスイッチOTC医薬品。花粉症への効果の強さではジルテックに軍配が上がりますが、眠気や口の乾きといった副作用が軽いのが特徴です。

1日1回の服用で済む市販薬なら、ジルテック系かアレジオン10

水の入ったガラスのコップの写真花粉症の薬は、薬によって飲む回数が異なります。ザイザルのように1日1回のみの服用で済ませたいなら、ザイザルの前身であるジルテック系の市販薬か、アレジオン10が該当します。

いずれの薬も1日1回の服用で効果が約24時間持続するので、飲み忘れの心配がなく、外出時や仕事の時に薬を持ち歩く必要がありません。

花粉症への効果の強さで言うと、ジルテック系のコンタック鼻炎Z・ストナリニZが上。眠気の副作用が少ないのはアレジオン10のほうです。

ザイザルは長期処方が可能、1回でも病院に行けるならまとめて処方してもらうと楽

処方箋の袋に入った錠剤の写真ザイザルは2010年に認可された薬のため、発売直後は処方日数に最大2週間の制限がありました。2012年からはこの制限は解除され、現在はザイザルの長期処方が可能になっています。

1回でも病院に行けるのであれば、ザイザルを2~3ヶ月分まとめて処方してもらえば楽ちん。費用的にも、市販薬を何度も買い直すより、保険適用の処方薬のほうが割安です。

一度に何ヶ月分を処方してもらえるかは病院や医師の方針にもよりますが、通院できないので長期処方して欲しいと相談すれば、ある程度まとまった量のザイザルを処方してもらえるはず。

特に、大学病院などの大きな病院だと、不必要な通院回数を減らすため、薬を長期処方してもらいやすいようです。

現在は処方薬と同等の花粉症治療薬がドラッグストアでも買えるようになってきましたが、やはり病院でしか処方できない薬もたくさんあります。

市販薬では花粉症がなかなか改善しないという場合は、一度病院へ行ってみましょう。

ひどい花粉症にお悩みのあなたへ。白井田七茶を知っていますか?

「そういえば、今年はまだ花粉症の薬を飲んでいない」「ムズムズしない!」と、ヘビーな花粉症の人にも好評の白井田七茶。

子供も安心して飲める完全無農薬&有機栽培の緑茶に、朝鮮人参以上に優れた薬効を持つという、漢方薬の田七人参をブレンドした話題のお茶です。

 

漢方配合といっても苦味や渋味はまったくなく、緑茶というより抹茶に近い、すっきりと上品な味わい。

白井田七茶を飲んでしばらくすると体がポカポカし、外に出ても「あれ、今日は鼻水が出ない…!?」と、その即効性に驚かされます。

 

毎日必ず1杯は飲むお茶やコーヒー…

どうせ飲むなら、花粉症に良いお茶に変えてみませんか?

白井田七茶は1本ずつ個包装になっていて、カップに入れてお湯を注ぐだけのお手軽さ。

飲んだ後でも返品できる返金保証が付いているので、リスクなくお試しできますよ。

白井田七。茶
花粉症対策におすすめ!白井田七茶を特別価格で試してみたい人はこちら≫