フィギュアスケートのショートとフリー、違いはココ!

フィギュアスケート競技の順位はショートとフリー、2つのプログラムの合計で決まる

スケートリンク上でフィギュアスケートをしている女性の写真フィギュアスケート競技にはショートプログラムフリースケーティングの2種類のプログラムががあります。

フィギュアスケートの成績順位は、ショートとフリー、2つのプログラムの総合点で決まります。

では、ショートプログラムとフリースケーティングでは何が違うのでしょうか?2つに分かれているからには、それぞれに特徴や目的があるのです。

1番簡単なショートとフリーの違い

とても簡単に言ってしまうと、フィギュアスケートのショートプログラムとフリースケーティングには次のような違いがあります。

ショートプログラム
→滑る内容が決められている
フリースケーティング
→各選手が自分の得意とする演技を自由に滑ることができる
スポンサーリンク

滑る内容が決められているショートプログラム

ショートプログラムは、2分50秒の時間の中で、必ず7つの指定された技(ジャンプ・スピン・ステップ)を演じるものです。

ショートプログラムでは、どの選手も必ず同じ7つの技を演じなければいけません。たとえ難易度の高い技だったとしても、規定にない技は評価されません。

全員が同じ技を演じることで、公平にフィギュアスケートの技術力を評価するのがショートプログラムです。

スポンサーリンク

自由度が高く、選手の個性が光るフリースケーティング

フリースケーティングは、女子が4分、男子が4分30秒の持ち時間の中で、原則的に自由な演技をすることができます。

原則的に、と書いたのは、プログラムに含めてもよい技と回数が決められているため。

例えばジャンプなら7回まで、スピンは3回まで、といったように、ある程度の枠は決められています。フィギュアスケート選手たちは、この規定の中で、自分の得意とする技を考慮して、プログラムを組み立てます。

全員が同じ技を滑るショートプログラムと違い、フ各選手の個性を出した表現力や芸術性を評価するのがフリースケーティングです。

ショートとフリー、2つの総合で公平な評価を

フィギュアスケートは、ダンスやバレエのように芸術性が非常に高い競技です。

スキーのジャンプのように、記録が誰の目にも明らかな数字で出る競技とは違い、フィギュアスケートには表現力や芸術性といった、数値化することの難しい要素が入っています。

単純に、高くジャンプしたから、回数を多くスピンしたから、といった客観的な技術だけでは、その美しさを評価することはできません。

かといって、フィギュアスケート選手として備えているべき、基本的な技術力も疎かにはできません。

そのため、フィギュアスケート競技は、技術を客観的に評価するショートプログラムと、芸術性の高さに重きを置いたフリースケーティングの両方の基準で評価されます。

どちらか片方だけでは評価が偏る可能性があるため、2つのプログラムを行うことで公平性を保っているのです。