モラハラ本

モラハラを知り、逃れるためのおすすめ本たち

スポンサーリンク

モラル・ハラスメント 人を傷つけずにはいられない

「モラル・ハラスメント」という言葉の生みの親である、フランスの精神科医マリー=フランス・イルゴエンヌの著書で、日本にモラハラの概念を広めた1冊です。

フランスでも日本でも、モラハラの人たちの特徴は驚くほど変わりません。それはつまり、性格だけでは説明の付かないことなのだと、納得させられました。

スポンサーリンク

カウンセラーが語るモラルハラスメント 人生を自分の手に取りもどすためにできること

モラハラ被害者を支援する心理カウンセラーによる著書。

様々な事例が解説されており、今モラハラを受けている人なら、必ず「これは自分だ!」「なぜこんなに私の状況がわかるのだろう?」と何度も思うはず。

言葉も丁寧でわかりやすく、モラハラを知る最初の1冊として、とてもおすすめです。