男性用日焼け止めのおすすめと選び方 白浮きせず敏感肌でも使えるのは?

男の日焼け止め おすすめは?

男性用日焼け止めのおすすめは?石鹸で落とせて白浮きしない

日焼け止めやスキンケアとは無縁だった我が夫ですが、最近年齢から来る肌トラブルが多くなり、これ以上の悪化を予防するためにと日焼け止めを使い始めました。

が、いざ女性用の日焼け止めを使ってみると、こんな不満があり…

  • いちいちクレンジング(メイク落とし)を使わないと落とせないのが面倒
  • 白浮きしてかっこ悪い
  • なんかベタベタして気持ち悪い

女性用と男性用の日焼け止めの違いをレクチャーのうえ、夫専用に男性用の日焼け止めを買いました。

男性用の日焼け止めの選び方や、おすすめの商品について紹介します。

スポンサーリンク

男性用の日焼け止めの選び方

男性用の日焼け止めを選ぶ時のポイントは2つ。

  1. 石鹸で落とせること
  2. 白浮きしないテクスチャー(形状)であること

女性用の日焼け止めの多くは、石鹸や洗顔料では落とせません。

化粧とセットで使ったり、毎日クレンジングすることが前提になっているからです。

日焼け止めというものは基本的に油分が強く、毎日きちんと落とさないと肌トラブルを引き起こします。

とはいえ、男性にとって毎日クレンジングする行為は面倒でしかないと思うので、最初から石鹸で落とせるタイプがいいでしょう。

石鹸で落とせる日焼け止めは通常タイプよりも低刺激なので、日頃スキンケアの習慣がない男性にとっても、肌への負担が少なくて済むのもメリットです。

スポンサーリンク

男性の日焼け止めで白くならないのは?

日焼け止めの白浮きは、メイクしない男性だと女性以上に目立つもの。

困ったことに、前述の「石鹸で落ちるタイプ」は、原料の特性的に白浮きしやすい特徴があります。

最近は粒子をナノ化して透明度を上げたタイプが販売されているので、パッケージに「白浮きしにくい」と書かれたものを選べば悪目立ちしません。

安価な日焼け止めはナノ化などの加工が施されておらず白浮きしやすいので、2000~3000円クラスの日焼け止めを選ぶのがおすすめです。

 

それでもテカリや白浮きが気になる場合は、日焼け止めを塗ったあと、ティッシュ1枚を顔全体に乗せ、軽く抑えてみてください。

ティッシュオフというテクニックで、余計な油分を取ってテカリや白浮きを軽減してくれます。

ギュッと強く押さえたり、肌をこするのではなく、あくまでも軽く、ふわっと押さえる程度にしてくださいね。

男性の日焼け止めのSPF値はどうするか

日焼け止めを選ぶ時、必ず注目するのがSPF値。

SPFが高いほうが日焼け止め効果が高いと思われがちですが、それは間違い。

これは女性でも勘違いしている人が多いのですが、SPF値は「日焼け止め効果の強さ」を示す数値ではなく、「日焼け止め効果が続く時間」を表す値です。

  • 1SPF=15~20分ほど日焼け止め効果が持続する

という意味で、SPFが低くても高くても、日焼け止めとしての効果自体は変わりません。

先ほどおすすめした石鹸で落ちるタイプは、たいがいがベビー用か敏感肌用で、SPF値は高くても30くらい。

仮に1SPF=15分で計算するとSPF30×15分=450分。

SPF30で、だいたい7~8時間は日焼け止め効果が続くという意味になります。

SPF20でも6時間くらいの計算なので、普段の日焼けを防ぐには十分ですよね。

 

また、日焼け止めは日中の汗や摩擦で流れてしまうので、SPFが高いものを使うよりも、肌に合ったものを何度か塗り直すほうが効果的です。

長く屋外にいる時や汗をかいた時は、日焼け止めを塗り直すようにすると、より確実に日焼けを防ぐことができます。

 

一度ここまでの話をまとめると…

  • 男性用の日焼け止めは石鹸で落ちるタイプがおすすめ
  • ジェルやローション状だと白浮きしにくい
  • SPFは低くても高くても日焼け止め効果は変わらない
  • SPF値の高さより、こまめに塗り直すのが日焼け防止のコツ

となります。

次は以上の条件を踏まえた、男性におすすめの日焼け止めも紹介します。

男性用の日焼け止めで白浮きしないおすすめ

まずは「ZIGEN UVクリームジェル」。

数少ない、完全に男性専用の日焼け止めです。

石鹸で落とせる、白浮きしない、サラッとしてベタつかない、と、男性が日焼け止めに抱く不満がすべて解消されている点はさすが。

テクスチャーも非常に変わっていて、女性用とはまったく違うのに驚きました。

購入は通販で、1本から単品注文できます。

男性専用の日焼け止め
ZIGENの公式HPはこちら≫

日焼け止めで敏感肌の男性でも使えるタイプ

2つ目は、肌が敏感な男性にも使いやすい「ホワイティシモUVブロックミルキーフルイド」。

男性でも、化粧品会社のPOLAはご存知かと思うのですが、そのPOLAの敏感肌用の日焼け止めです。

 

敏感肌の男性が日焼け止めを選ぶ時は、「紫外線吸収剤不使用」という表示に注目してください。

一般的な日焼け止めは、紫外線吸収剤というものを使っているのですが、これは名前のとおり紫外線をいったん吸収する成分。

その後、化学反応を起こして、吸収した紫外線を熱エネルギーとして放出しているのです。

紫外線吸収剤は日焼け予防効果は高いのですが、肌の上で化学反応を起こす分、刺激は強くなります。

 

UVカット効果では吸収剤に劣るものの、肌に優しいのが紫外線散乱剤というタイプ。

わかりやすく、バリアのように紫外線を反射するタイプです。

こちらのほうが肌には優しいので、敏感肌の男性には紫外線散乱剤を使った日焼け止めをおすすめします。

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めは一般に汗水に弱いのですが、このホワイティシモのミルキーフルイドは水に強い加工が施されているので、男性にも使いやすいかと思います。

もちろん石鹸で落とせます。

詳細と購入は、以下のページの2つ目にある、水色のパッケージの日焼け止めを確認してください。

肌に優しい日焼け止め
ホワイティシモの公式HPはこちら»