初めての妊婦必見!妊娠線予防クリームの選び方

妊娠線予防クリーム、手持ちのクリームは使えないの?

青いワンピースを着た妊婦のおなか部分の写真妊婦さんのお腹が大きくなるとともにお腹に現れる、妊娠線。

急激に肌が引っ張られることで肌の組織が割れたようになり、線状に残ってしまうものです。

妊娠線は一度できると基本的には消えないので、妊娠中の予防がとても大事。

専用の妊娠線予防クリームも売られていますが、普通の保湿クリームと何が違うのかわからないし、妊娠線の正しいケア方法はどうしたらいいのか悩んでしまいますよね。

初めての妊婦さん向けに、正しい妊娠線予防クリームの選び方を解説します。

スポンサーリンク

そもそも、妊娠線はどうしてできる?

妊娠線を予防するには、まずどうして妊娠線ができてしまうのか、その理由を知っておきましょう。

妊娠線は、簡単に言うとお腹の皮膚が伸びて、引っ張られることによる肉割れの状態。お腹の膨張に皮膚が耐えられず、ヒビ割れてしまったのが妊娠線です。

妊娠線ができやすいのは、お腹が大きくなり、体重も増えやすい妊娠後期。お腹が目立ち始める妊娠5~7ヶ月目頃から妊娠線予防を始める先輩ママが多いようです。

スポンサーリンク

妊娠線の予防方法は、なんといってもお腹の保湿!

クリームを乗せた手の写真妊娠線の予防に効果的なのは、なんといっても保湿。

しっとり水分を含んだお饅頭と、表面がカラカラに乾燥したお饅頭…、手で割った時に大きく割れるのは、カラカラのお饅頭のほうですよね。

妊娠線ができるのも、理屈はこれと同じこと。お腹を常に保湿して、しっとり弾力のある状態に保っていれば、お腹の皮膚が引っ張られてもヒビが入りにくくなるというわけです。

妊娠線予防クリームの選び方、専用商品は何が違う?

はてなマークと手を顔にあてて疑問がある様子の女性の写真妊娠線予防に使うクリームは、要は保湿さえできればよいので、市販の保湿クリームのどれを使ってもOK。

妊娠線予防用のクリームも販売されていますが、成分が特別だということではなく、保湿力や伸びなど、ケアしやすさに重点を置いて作られているということ。

妊娠線予防専用クリームでなければ妊娠線予防ができないということはありません。

妊娠線予防力は、イコール保湿力。妊娠線ケア用商品かどうかはあまり気にせず、自分の肌に合い、毎日たっぷり使える保湿クリームを選ぶのが正解です。

長い妊娠生活を考えると、高価な保湿クリームをちびちび使うよりも、保湿力が高くてコスパの良い大容量ボディクリームがおすすめ。

保湿クリームの成分が肌を通過して赤ちゃんにまで届くことはありません。ただし、妊娠中は通常より肌が敏感になるのはよくあることなので、その点では肌に優しい成分の保湿クリームのほうが安心でしょう。

クリームタイプではなく、少量でもよく伸び、高い保湿効果のある美容オイルも、妊娠線予防ケアに適しています。自分の肌質に合わせて、長く使える保湿剤を選んでくださいね。

妊娠線予防クリームを使う時の注意。マッサージは逆効果!

妊娠線予防専用クリームなどでは、お腹のマッサージを推奨していることも少なくありません。

でも、強くマッサージするとお腹が張りやすくなるので、マッサージはあまりおすすめはできません。強く摩擦することで、かえって肌の乾燥を招いてしまう可能性もあります。

お腹が張るのは子宮に送られる酸素が不足しているサインなので、赤ちゃんにとってもよくないのです。

マッサージよりも、お腹全体に塗り残しがないように気をつけて、優しく塗るようにしてください。たっぷりの保湿剤を肌に滑らせるようになじませましょう。

安くて効果大!おすすめの妊娠線予防クリーム

妊娠線は、一度できたら一生消えません。

だからこそ予防が大切ですが、妊娠線予防の専用クリームは、ほとんどが5000~6000円と高額。

しかも定期購入前提の商品も多く、購入を迷っている人もいるのではないでしょうか。

 

そんな中、私が見つけて使っていたのはAFCマタニティクリーム。

たっぷり120gで2800円というお手頃価格に加え、定期購入ではなく1本から送料無料でお試しできます。

ネロリの爽やかな香りと柔らかいテクスチャーでとても使い心地がよく、このクリームのおかげで妊娠線もまったくできませんでした^^

妊娠線ケアどうしようかな…と心配になってきた妊婦さんは、ぜひ一度公式HPをチェックしてみてください。おすすめです!

女性100人の声から生まれたストレッチマーククリーム