結婚式の心付けは誰に渡すか 金額の相場は?友人のスピーチにも必要?

結婚式の心付けは誰にいくら渡すもの?

結婚式の心付けを渡す相手は?渡す範囲と金額の相場

結婚式の心付けは、誰まで渡せばいいものなのか?

細かいことですがお金に関わることなので、どこまでの範囲で用意すればいいのか、迷ってしまいますね。

結婚式の心付けを渡す相手の範囲と金額の相場に関するマナーを解説します。

スポンサーリンク

結婚式の心付け 金額の相場一覧

結婚式の心付けは渡す範囲と、渡す金額の相場です。

  • ウエディングプランナー…5000~1万円
  • 会場係責任者…5000~1万円、会場スタッフ全員分をまとめて1万円としてもよい
  • 宴会場スタッフ(個別に渡す場合)…2000~3000円
  • 介添人…2000~5000円
  • ヘアメイク・着付け・美容師…5000~1万円
  • 司会者・演奏者・カメラマン…5000~1万円
  • ハイヤー運転手…2000~3000円

これらは心付けを渡す最大の範囲であって、ここに挙げた関係者全員に心付けを渡さなければいけないというわけではありません。

例えばですが、複数いる宴会場スタッフ1人1人に心付けを渡さず、会場の責任者にスタッフ全員分をまとめて渡してもOK。

反対に、結婚式の見積もりにサービス料金が含まれているから会場スタッフには払わない、としてもマナー違反にはなりません。

 

「渡したければ渡す」「渡したくなければ渡さなくていい」のが心付けですので、誰に渡すかは、あなたが自由に決めていいのです。

明確なルールがないと余計に迷ってしまうかもしれませんが、誰に渡しても渡さなくても、マナーとして間違いではないので、安心してくださいね。

近年は結婚式場やホテルの見積もりにサービス料が含まれているため、心付けを持っていっても受け取ってもらえないこともあります。

ヘアメイク、司会者、カメラマンなど、会場所属ではない外部スタッフの方の場合、快く受け取ってもらえることが多いようです。

スポンサーリンク

結婚式で友人にスピーチを頼んだ時も心付けは必要?

結婚式でスピーチや余興を頼んだ友人への心付け・謝礼は、基本的に不要。

現金ではなく、新居や食事に招待する、新婚旅行のお土産を奮発するなどして、感謝の気持ちを表すのが通例です。

スピーチを頼んだ相手が先輩だったりで、どうしてもお礼を渡したい場合には、結婚式当日に3000~5000円程度の謝礼を渡すのがいいでしょう。

結婚式の心付けを渡す相手のまとめ

  • 渡す相手はウエディングプランナー、会場スタッフ、介添人、ヘアメイクなどの美容担当者、司会者、演奏者、カメラマン、運転手
  • 心付けの金額は2000~1万円程度
  • スピーチや余興を頼んだ友人への心付けは基本的に必要ないが、別の形でお返しをする

結婚式の心付けは、海外でのチップに相当するもの。

チップの習慣がない日本なので余計に悩んでしまいますが、”絶対に渡さなければいけないもの”ではなく、あくまでも感謝の気持ちとしてお渡しするものです。

心付けを渡さないとサービスの質が落ちるのでは?と心配する人もいるかもしれませんが、結婚式場のスタッフは、日々仕事として結婚式を仕切るプロ。

また、心付けはスタッフ個人の収入として懐に入るわけではなく、会場に提出する決まりになっていることが多いため、心付けの有る無しでサービスの質が変わるという心配は要りません。

予算の都合や気持ちの問題もあるでしょうから、心付けを誰に渡すかは、あなた自身のご事情で判断して大丈夫ですよ。

心付けを誰に渡すかが決まり、封筒を準備する時のマナーについては別記事にまとめましたので、よろしければこちらも合わせてご覧ください。

結婚式の心付けの封筒マナー 大きさや水引、お札の入れ方について»

参考書籍)
冠婚葬祭お金とマナー大事典(主婦の友社)
ふたりの結婚準備ブック(主婦の友社)
結婚式の準備とマナー大百科(主婦の友社)
ふたりで読む結婚準備のすべてがわかる本(秀和システム)
結婚の準備とマナー パーフェクトガイド(西東社)