eBayで安価で売られちゃってる商品を高値で売るために、あるモノを作ってみた。

eBayでライバルセラーの値付けを見てるとさ、

なんでこんな安値で売ってんの?(・д・)

君がそんな値段で売ってたら、私がぼったくりみたいに見えるじゃんよ。

ってことが、よくあるわけよ。

私の主力商品は日本のお土産品なんだけど、なぜかタイとか東南アジアのセラーが似たような商品を10ドル未満の激安価格で出してたりする。

もちろん日本人セラーが安売りしてることも多くて、その度に「自分たちで自分たちの価値を下げて、どーすんの!?」と、プンスカしたりしちゃうわけ。

かといって、そういうセラーをeBayから駆逐するのは不可能だし、既存の在庫を買い占めて独占するような資金もない。

つまり、外部の環境をコントロールするのは難しい。

となると、他の店より高くても許される何かが必要なんだよね。

「星子のストアはちょっと高い。」

「でも他の店と違って○○があるからな、納得だぜ!」

と、思ってもらえる何か。

今まではDescriptionを詳しく書くことで信頼感を出そうとしてきたけど、他にも何かできないかなあ。

と考えて、勝手に証明書を作ってみた。

名刺サイズのカードにうちのストア名を書いて、「これは正真正銘の日本の○○であることを証明します。」みたいなテキストを入れたやつ。

保証書みたいなイメージね。

日本人セラーの武器って、日本に住んでて、日本で仕入れができることだと思うから、それを物理的に形にして提供できたら少しでも差別化になるんじゃないかと思って。

なんかさあ、例えば英国アンティークを買うなら、イギリス人から買ったほうがなんとなく本物ぽいっていうか、満足できるような気がするじゃない?

その感覚をeBayでも再現できないかな?と思って、とりあえず思い付いたのが証明書だった。

別に私に保証されたところで何の権威もありはしないんだけど、少しの特別感くらいは出せるんじゃないか?いや出て!

Canvaでデザインを作って、たまたま見つけたオンデマンド印刷のキャンペーン価格を利用して、100枚400円くらいで作れたわ。

最近のオンデマンド印刷、すごいね。

400円で十分、普通の名刺品質のカードが届いた。

写真を撮って商品ページにも掲載して、明日から発送時にも同梱するつもり。

これで安売りセラーを撃退できるとは思ってないけど、同じことやってるセラーを見たことがないから、400円で試せるなら、やってみる価値はある。

んで、結局何が言いたいかというと、

私と同じ商品を激安で売ってるセラーが憎い

です。

でも、安売りには屈しないんだからね!

あ、憎いと言えば、私の大好きな漫画のヘルクが完結から5年経った今になってアニメ化されるらしく、ちょっと楽しみにしてる。

海外でも人気出ないかしら。

▼書いてる人

40代陰キャ主婦で元専業アフィリエイター。Googleアップデートにより月60万あった収入がほぼゼロになり、貯金を切り崩して生活中。アフィリエイトに未来が見えなくなってeBay輸出を始めました。英語の読み書きができるのが唯一の強み(TOEIC930点)で専門知識は特になし!英語は必死に勉強して身に付けたもので、海外経験はゼロ。名前クリックで詳しいプロフィールが読めます。

eBay主婦・星子をフォローする
eBay実践記
40代主婦の出直しeBay実践記

あなたもeBayやってたりします?

  1. なつや より:

    星子姉さんお疲れ様です。
    まだまだ荷解きも終わっていないと思うのに、ブログの更新有難うございます。

    「ショップ星子」の保証書。ユニークで良いですね。
    海外のコインショップで購入しても、オリジナルの名刺サイズのカードをつけてくれるところもありますが、やはり同じものを購入するんだったらそういったショップを選ぶようになりますものね。
    私もeBay用やメルカリ用、メルカリshops用などショップ紹介用の手作りカードをいくつか用意していますが、確かにリピート購入につながっているように感じます。

    • なつや師匠、おつですー!
      コレクション性がある商材については、保証書を付けることで、この同じ保証書の付いた商品を集めたい…と、コレクター心をくすぐれないか?という、3番煎じのお茶より薄い期待をしていますw

      師匠はショップカードも複数用意されてるんですね。さすが!
      リピート購入につながっているのなら、ショップの信頼性アップに一役買ってくれてそうですね!
      保証書はとりあえず100枚作ってみたので、使い切るまでやってみようと思います。

  2. けんご より:

    最後のオチは最高ですね。激しく同意でございます。
    憎たらしいのよその値段・・・・キィーーー!ってなります。

    なんで?なんで?なんでよ??なんでその価格なわけ??と、自問自答してからアカウントに目を移すと

    「マ タ オ マ エ カ」

    大体いっつも同じセラーなんですよね。

    ここまで来るとライバルは古物のプロ中のプロ。数と値段では太刀打ちできないので、オンリーワンを狙っての囲い込み、これですね。毎度、参考になります!

    • めちゃくちゃわかりますーーー!!
      同ジャンルの商品で目障りだな、と思うのはだいたい同じセラー。
      しかし相手はフィードバックが数万レベルのフリーザさまであることも多いので、普通に戦ってはサイバイマンの私に勝ち目はなく…。
      ライバルセラーの値段を変えることはできないので、こちらの戦い方を変えないとどうにもならないんですよね。

      「写真と違う偽物つかまされた!」というネガティブフィードバックはたまに見るので、保証書作戦が多少でも機能するようなら対象アイテムを拡大してみようと思ってます。

タイトルとURLをコピーしました