宝飾品専門の国際発送。UPSグループ会社のパーセル・プロに問い合わせしてみた

Catawikiでヨーロッパにあちこち発送してると、DHLでの輸入禁制品に「Antiques, works of art」が含まれる国があることに気付く。

どうも国としての禁制品ではなくて、DHLとして引受しない品物っぽいんだけど。

私が扱う商品はビンテージが中心だけど、たまに明治時代の雑誌とかで、100年以上経ってるものとかがあるのね。

雑誌は発送する時は本として送ってるし、美術品には該当しないと思うんだけど、もし100年以上前の物だからアンティークだ!引受NG!って言われたりしたら困る。すごく困る。

あと宝石・貴石の類もほぼどこの国でもNGだから、前にeBayで売った石とかもDHLでは発送できなくて、もう出品してない。

今のところ致命的な問題ではないけど、郵便も使えない国がまだあるし、発送手段の選択肢は多めに確保できるなら、それに越したことはない。

そんなわけでアンティーク発送に制限がないかどうかUPSにも聞いてみたら、荷受国に関わらず、アンティークは全面的に引受不可だった。

そうだよね、ヤマト国際便も1点物や美術品は一切禁止だもんね。たぶんUPSの決まりに準じてるんだろう。

なんとかならないかサポートに聞いてみたら、パーセル・プロというUPSのグループ会社を紹介された。

アンティークは送れないけど、アンティークではない美術品であれば1点物でも引受はOK。ただし保険を付けたほうがいいので、パーセル・プロでの保険付帯をご検討くださいってことで。

宝飾品や腕時計の国際輸送を専門とする会社で、一般的なクーリエよりかなり安価な料率で保険を付けられるらしい。

宝飾品というほど大層なものは扱ってないんだけど、送料も気になるし、聞くだけ聞いてみるかの精神で問い合わせしてみた。もしかしたら、将来は立派な美術商として高額商品を発送しまくるかもしれないし?

(将来はもう来ているという意見は却下)

で、今、営業さんに対応してもらって登録審査してもらってる最中。クーリエの例に漏れず、パーセル・プロも法人契約が前提みたいで、また開業届の控えを提出した。

審査に通る自信は、まったくない!(・∀・)

なんか個人事業主との契約はあんまり想定されてないっぽかったし。発送個数も少ないし、単価も高くて数百ユーロだし。

どうなるかなー。

▼書いてる人

40代陰キャ主婦で元専業アフィリエイター。Googleアップデートにより月60万あった収入がほぼゼロになり、貯金を切り崩して生活中。アフィリエイトに未来が見えなくなってeBay輸出を始めました。英語の読み書きができるのが唯一の強み(TOEIC930点)で専門知識は特になし!英語は必死に勉強して身に付けたもので、海外経験はゼロ。名前クリックで詳しいプロフィールが読めます。好きな飲物はブラックコーヒーとハイボール。

eBay主婦・星子をフォローする
海外発送・国際郵便
40代主婦の出直しeBay実践記

あなたもeBayやってたりします?

タイトルとURLをコピーしました