DHLあるある:郵便番号入力で2回ドキドキする

すごいどうでもいい話なんだけど。

My DHL+で郵便番号を入力するときにさ、いつもバイヤー住所の都市名が出てくるか!?ってドキドキしちゃうんだよね。

もし発送先の都市名が出てこなかったらどうしようか(←実際あった)と構えてしまう。まあ基本的に大丈夫なんだけど。

あとさ、アメリカで特にそうなんだけど、実際の郵便番号は9ケタでも、My DHL+の入力欄で都市名を選択すると下4ケタが消えちゃうじゃん?それで下4ケタを入力し直す作業が、地味に嫌い。

一度郵便番号を5ケタのままで発送しちゃって、サポート経由で正しい番号を伝えてもらったことがあった。

これ、別に5ケタだけでも届くのかな。でもフルの9ケタで入力が可能ってことは、やっぱり9ケタでいいような気もする。住所の情報は正確なほど配達しやすいだろうし。

日本だと郵便番号が書かれていない郵便物は、機械じゃなく局員さんが手動で仕分けするって聞いたけど、DHLでもそうなんだろうか。

なんにせよ送り状を作成する度に小さな緊張を伴うので、郵便番号を特定のケタ数で削除する仕様は変更されると嬉しい。今度アンケート来たら書こっと。私だけかなあ?

▼書いてる人

40代陰キャ主婦で元専業アフィリエイター。Googleアップデートにより月60万あった収入がほぼゼロになり、貯金を切り崩して生活中。アフィリエイトに未来が見えなくなってeBay輸出を始めました。英語の読み書きができるのが唯一の強み(TOEIC930点)で専門知識は特になし!英語は必死に勉強して身に付けたもので、海外経験はゼロ。名前クリックで詳しいプロフィールが読めます。好きな飲物はブラックコーヒーとハイボール。

eBay主婦・星子をフォローする
海外発送・国際郵便
40代主婦の出直しeBay実践記

あなたもeBayやってたりします?

  1. ぱぴよん より:

    いつも5桁に省略されるので、「DHL的には5桁で良いのね…」と解釈して、それで発送していました。再入力すれば、9桁入るんですね!

    • ぱぴよんさん、ありがとうございますー!そうですよね、消えちゃうってことはDHL的にはそれでOKってことでしょうし、5ケタで大丈夫そうですね。
      私は不安なのでいつも都市名選択後に9ケタ入力してるんですが、入力するならするで、それも問題ないみたいです。

  2. けーさん より:

    星子さん、ご無沙汰しています。
    東北は大変な寒波と聞いております。お身体ご自愛くださいませ。

    MyDHL+、ちょくちょくマイナーバージョンアップがされているようですが
    先週、我が家の郵便番号が出てこなくなって焦りました。。

    バージョンアップ時にデータベースから削除されていたようで半日くらいで復旧しましたが
    郵便番号が出てこなければ送り状作成を進められなくなるのはなんとかしてほしいですよね。
    私も次回のアンケートに記載してみます。

    ところで、送り状作成画面の発送人氏名の下にある「法人」チェックボックスですが
    星子さんはチェック入れていらっしゃいますか?

    個人事業主の私はデフォルトのまま法人チェック入れて送っていたのですが、先日イタリア行きの30ユーロ程度の荷物に「法人」チェックを外して送付したところ、DHLからバイヤー宛に160ユーロが請求されまして、バイヤーの支払い拒否となってしまいました。

    追加請求について、現地DHLからの内訳提示も無いので、法外な請求額となった理由が分からないのですが、「法人」チェックボックスを外したことも気になっています。

    DHLサポートも「法人チェック入れるか否かは、発送人で判断して欲しい」とのツレない回答で困っており、星子さんはどのようにされているか教えていただけませんでしょうか。

    いつも質問ばかりで申し訳ありませんが、アドバイス頂けますと嬉しいです。

    • けーさんさん、お久しぶりです。ご配慮ありがとうございます。今年の冬は厳しそうなので、灯油を買い込んで備えてます!

      法人のチェックボックスですが、私はいつも入れっぱなしです。なので発送人=法人、荷受人=個人(チェック入れず)の形です。
      個人事業主ではありますが、契約上は法人契約という建前になっているので、チェックを外したら契約料金外にされちゃうんじゃ?と思って触らずにいました。

      30ユーロの荷物に160ユーロは、いくらイタリアでもおかしいですね!?
      DHLでオーストラリアの個人宅に送る際、150ユーロの個人宅配達手数料を取られるという情報を見たことがあります。クーリエでは法人間の発送のみで個人間の発送はNG、みたいな決まりがある国や業者もあるので、似たようなルールを適用されでもしたんでしょうか…。

      私もイタリア発送がけっこう多いので、すごく気になります。
      すでに各方面問い合わせ済みだと思いますが、イタリアへの個人間発送で手数料が発生するケースがあるのかどうか、私もダメ元でサポートに聞いてみます。各国の現地DHLは母国語で問い合わせると返事が来る確率が上がるので、イタリアにはイタリア語で突撃かな…。

    • 追記です。
      発送人チェックについてDHLサポートに聞いたところ、チェックありだとインボイスの発送人情報表記がBUSINESS、なしだとPRIVATEの表記になり、この情報は現地の輸入通関で使われる可能性があるということでした。DHLジャパンから請求される送料への影響はないようです。
      そして日本で把握している内容はここまでで、通関や手数料に関しては現地税関の判断なのでわかりませんというお決まりの回答。
      なんとかして現地に直接聞いてみないと、謎は解けないみたいですね。。

      • けーさん より:

        星子さん

        ご丁寧な回答、ありがとうございます!
        わざわざDHLサポートに確認までしていただいたのですね。本当に感謝です(涙)
        本件は結局、バイヤーが関税支払い拒否・受取放棄のため日本に返送することになりました。
        割高の輸入料金適用すると完全に赤字ですが、通関許可前だったので現地関税はかからないことがせめてもの救いでした。

        発送人チェックですが、個人事業主なのに法人チェックするのは違和感あったのですが、確かに星子さんのおっしゃるとおり建前上は法人契約としておりました。
        これまでBusinessで問題無かったので、今後もBusinessとしておこうと思います。

        関税の過剰請求については、バイヤーさんから現地DHLにcatawikiのReceiptを添付して再計算と内訳の提示を依頼してもらったのですが、より高額な料金での請求が来たようでバイヤーさん激おこ、受取拒否、音信不通となったため原因不明です。
        ダメもとで私から現地DHLに質問してみます。何か分かれば共有しますね。

        トラブルもあったとはいえ、catawikiでの物販はとても楽しく、このプラットフォームを教えてくれた星子さんに心から感謝です。
        日本のどこかで頑張っている仲間がいると思えるのは励みになりますね。
        来年もちょくちょく寄らせてもらいますので、宜しくお願い致します。

        • けーさんさん、お疲れさまです!
          関税の支払いがなかったのは不幸中の幸いでしたね。こんなこともあるのかと、私も驚きました。もし請求の内訳などわかったら、ぜひ教えていただけると嬉しいです。

          Catawikiを楽しまれているとのこと、私のブログがひとつのきっかけになれたのであれば光栄です。
          ぜひ来年もお越しになってくださいね。こちらこそよろしくお願いいたします。良いお年を!

          • EJ より:

            けーさん、星子さん、
            初めまして。EJと申します。
            横から失礼します。

            送り状番号があれば、日本のDHLサポート経由でイタリアのDHLサポートに調査を依頼することができます。

            まず、日本のDHLカスタマーサービスに連絡して、送り状番号を伝え、この貨物について調査してほしいと伝えます。(もちろん日本語でOK)

            そして、

            ●荷受人に160ユーロが請求された
            ●荷受人が支払いを拒否したためリターン(日本に返送)されることになった
            ●もし関税であれば30ユーロの商品に対して160ユーロはおかしくないか?
            ●もし手数料であれば何の手数料?
            ●どういう条件でこの手数料が請求されるのか?

            など、調べてほしいこと、疑問に思っていることを伝え、できるだけ細かく調べてほしいと依頼すれば調査してくれると思います。

            この調査はあくまでもこの貨物に対する調査ですが、回答内容によっては今後イタリア向けに発送する際の注意点として活かせるかもしれません。

            お二人のやり取りを読ませていただいた限りでは、まだ日本のカスタマーサービスに調査を依頼してなさそうでしたので、コメントさせていただきました。すでに調査依頼済みでしたらスミマセン。

          • EJさん、とても実用的なアドバイスありがとうございます!
            私は見慣れない追跡ステータスが出たり通関が遅い場合は即行で調査をお願いしていますが、いつもスピーディに対応してもらって助かっています。
            郵便だと調査請求を出して1ヶ月待ちとかなんで、現地確認のこのスピード感を経験すると郵便に戻れる気がしないんですよね…。
            けーさんさんの請求も、せめて内訳が詳しくわかることを祈っています!

  3. けーさん より:

    星子さん、EJさん

    あけましておめでとうございます。本年も宜しくお願いします。

    EJさん、アドバイス感謝します!
    本件については、DHLジャパンの追跡担当者に調査をお願いしておりましたが、残念ながら下記のような回答しか貰えませんでした。

    ・商品代金の他に運賃も含まれた金額。
    ・運賃は税関のみなし金額となり、その金額も含まれるので関税やVAT等の金額が145EURになったと思われる。
    ・送料運賃につきましてはDHLアカウントの運賃ではなく、現地税関の定めるみなし運賃となるので詳細は現地税関にしかわからない。
    ・請求額の詳細は現地から開示されないので、輸入者様から現地DHLへ申立てが必要。

    DHLジャパンの追跡担当者は対応も早く、丁寧なサポートをしてくれているので、できる限りのことはやってくれているのかなとも思っています。

    とはいえ今後の教訓となるよう、現地DHLにもダメもとで詳細の問い合わせはしてみたいと思います。
    何か情報があれば、共有させていただきます!

    • EJ より:

      けーさん、あけましておめでとうございます!

      既にDHLジャパンに追跡を依頼されていたとのことで、大変失礼いたしました。

      申し遅れましたが、僕は駆け出しeBayセラーです。ネットでいろんな情報を見ていく中で、星子さんのブログが「ほしい情報が手にはいる」、「分かりやすい」、「現実をそのまま語っているので親近感が沸く」のと、とにかく読んでて面白い!ので、星子さんの情報を参考に切磋琢磨しています。

      僕も何かあればコメントさせていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました